土壌調査分析・優良分析機関ガイド

以下掲載分析機関は「産業と環境」2013年6月号に掲載しました。
月刊誌「産業と環境」2013年6月号  特集1「 自動車産業の現状と環境対策」
  特集2「拡大が進む再生可能エネルギービジネスア」  特集3「スベスト対策技術・分析技術の最新動向

特集「土壌汚染対策の最新動向と調査・浄化法」については2013年4月号をご覧ください








 掲載分析機関名称をクリックすれば、詳細を記載した位置にジャンプします。
  またジャンプした先の分析機関名をクリックすると掲載分析機関のウェブサイトに移動します。
 
 (記載した分析機関は、他の分析も 行っていますので詳細については各分析機関のウェブサイトをご覧ください)


●一般財団法人東海技術センター (愛知県)

 


財団法人東海技術センター


〒465-0021 名古屋市名東区猪子石二丁目710番地
TEL : 052-771-5161  
FAX : 052-771-5164
E-mail : gyoukan@zttc.or.jp   
URL :
http://www.ttc-web.com/


■測定・分析にかかる期間
@第一種特定有害物質 7日〜
A第二種特定有害物質 7日〜
B第三種特定有害物質 7日〜

■特に得意な測定・分析実施分野をあえてあげるとすると
  VOC、重金属、PCB、油分、ダイオキシン、放射能

■関連保有機器
 ・分 析 機 器 :
   ガスクロマトグラフ質量分析装置、ガスクロマトグラフ装置、ICP 質量分析装置、ICP 発光分光分析装置、
   イオンクロマトグラフ分析装置、蛍光X線分析装置、ゲルマニウム半導体検出器、NaI(TI)シンチレーションサーベイメータなど
 
  ・ 試料採取機器 :簡易ボーリング、コアカッターなど

■土壌汚染調査関連資格保有者
 ・技術士(建設部門、環境部門):2 名
 ・環境計量士(濃度関係):21 名
 ・土壌汚染調査技術管理者:1 名
 ・地質調査技士:1 名
 ・土壌環境保全士:1 名
 ・土壌環境リスク管理者:2 名

■調査の実績
 年間200 件以上(履歴調査、土壌汚染対策法・自治体条例に基づく調査、土地取引等に係る自主調査等)、 民間委託「研究所土壌汚染調査」等

■指定調査機関か否か
 指定番号 環2003-1-706

■セールスポイント
 法律・条例に基づく調査をはじめ、土地取引に関連する各種の土壌調査、建設現場で発生する残土の処理に係る調査など、
  幅広くサポートしています。また、汚染土壌の浄化対策についてもご相談に応じます。
  まずはお気軽にお問合せ下さい。


 

上記分析機関は月刊誌「産業と環境2013年6月27日号にて掲載、ならびにWeb掲載を希望した企業です。