絶縁油中の微量PCB簡易測定、優良分析機関ガイド

以下掲載分析機関は「産業と環境」2017年6・7月号の特集記事に合わせ掲載しました。    
特集  
「本格化する燃料電池の普及と技術革新@ 」 
特別企画1 「PCB廃棄物処理及び分析の現状と今後の課題」
特別企画2 「水処理技術の最新動向と課題」   
 










掲載企業(クリックすれば掲載企業の位置にジャンプします。
またジャンプした先の企業名をクリックすると掲載企業のウェブサイトに移動します。

●日鉄住金テクノロジー株式会社(茨城県

●株式会社島津テクノリサーチ(京都府)

 

株式会社日本環境アセス(東京都)

三浦工業株式会社株式会社
 
       三浦環境科学研究所(愛媛県)    



上記分析機関は月刊誌「産業と環境2017年6・7月号」
にて掲載した企業です。


日鉄住金テクノロジー株式会社

〒314-0014  茨城県鹿嶋市光3番地
TEL: 0299-84-3082  FAX: 0299-84-2578
E-mail::nsst-kashima@nsst.jp 
URL:http://www.nsst.nssmc.com/kashima/

PCB測定・分析

●可能な測定・分析方法の種類
▽簡易定量法
 加熱多層シリカゲルカラム/アルミナカラム
 /キャピラリーガスクロマトグラフ
 /電子捕獲型検出器(GC/ECD)法

●関連保有機器
 ・ GC/ECD 島津製 GC−2010p l us
 ・ GC/QMS 島津製QP2010p l us

●前処理方法
 ・ 加熱多層シリカゲルカラム / アルミナカラム処理
 
●測定・分析にかかる期間
 試料受領後1週間以内 ( 最短2日も可能 )

●測定・分析結果の報告形式
 分析結果に加え、必要あれば「トレーサビリティー確認書」も発行。

●セールスポイント
 ISO9001 品質管理体制の下、確実な品質管理を実施しています。
 計量証明事業所登録会社として分析に関する知識・経験も豊富です
 (計量証明事業登録番号:濃度 茨城県第40 号)。
 試料採取セットも無料で送付します。
 電気機器からの絶縁油の採取についても事前にご相談の上対応させて頂きます。
 「低濃度PCB 含有廃棄物に関する測定方法
 (第2 版)(平成26 年9 月)」にある「塗膜くず(含有試験)」にも対応済みです。

株式会社日本環境アセス
東京営業所

〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-29-14  T/CUBE.301
TEL :03-6805-6656   FAX :03-6805-6657

E-mail : info@jea-navi.com  
URL : http://www.jea-navi.com

PCB測定・分析

可能な測定・分析方法の種類
▽簡易定量法:
 高濃度硫酸処理 / シリカゲルカラム分画 / キャピラリーガスクロマトグラフ
  / 電子捕獲型検出器(GC/ECD)法

●関連保有機器
 ガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出器(GC-ECD)

●前処理方法
 硫酸分解シリカゲルカラム処理

●測定・分析にかかる期間
 試料到着後5日間 (お急ぎの場合は出来る限り対応します。)

●サンプリング・測定・分析費用
 お気軽にお問い合わせ下さい。

●測定・分析結果の報告書形式
 通常1試料で1枚の報告書となります。 記載内容は、宛名・分析結果・機器銘板データ・
  分析方法・基準値(0.5mg/kg)・分析法検出下限値(MDL)となります。
  複数検体による一覧表も作成可能です。

●セールスポイント
  当社は設立以来、常にPCB 分析を中心に研究を重ね、業界の最前線での実績を積んで
  きました。
  おかげさまで精度及び技術力を評価され、個人の方から大きな企業のお客様まで多数
  ご依頼を頂いております。
 最近増えてきました汚染物の拭き取り試験や、部材採取試験のPCB 調査も対応可能
 です。
 またPCB 廃棄物の専用保管容器やJESCO 指定容器のドラム缶、ペール缶も取り扱って
 おります。
 処理のご相談も承っております。
 PCB のことでお困りの際はお役に立てると思いますので、ご連絡お待ちしております。

株式会社島津テクノリサーチ

〒604-8436 京都市中京区西ノ京下合町1 番地
TEL:075-811-3183(環境事業部直通)   FAX:075-821-7837
E-mail:str_webs@shimadzu-techno.co.jp
URL:http://www.shimadzu-techno.co.jp/

PCB測定・分析

●可能な測定・分析方法の種類
▽簡易定量法:
 溶媒希釈/ ガスクロマトグラフ/
 高分解能質量分析(GC/HRMS)法
 高濃度硫酸処理/ シリカゲルカラム分画/
 キャピラリーガスクロマトグラフ/
 電子捕獲型検出器(GC/ECD)法

●関連保有機器
 GC − HRMS、GC − ECD 他、多種・多数保有

●前処理方法
 ヘキサン希釈
 硫酸処理+溶媒希釈

●測定・分析にかかる期間
 5営業日 (これより短納期の場合は別途ご相談ください。)

●サンプリング・測定・分析費用
  お問い合わせください。

●セールスポイント
 当社提案の2法を用い、多種多様な油種に対応可能。

【GC/HRMS 法】
基本的に希釈操作のみで測定でき、簡便な分析法にもかかわらず、精度面では精密定量法とほぼ同等の精度を維持。その特長はー
@公定法との良好な相関、
A高分解能型GC − MS の安定した性能を 維持する熟練した技術、高感度・高選択性さらに 内部標準を利用した高精度の信頼できる分析、
B 他の分析方法に対して検出感度が高い、
C電気絶 縁油JIS C 2230 に定める7種のすべての油種に対応可能、と最も適用範囲が広く精度の高い方法。

【GC/ECD 法】
広くPCB 分析に使用されている GC − ECD を用い、絶縁油中のPCB を従来に比べ 簡易かつ高精度に測定できる分析法。
@公定法との良好な相関、
A油種に適した処理により、電気絶縁油 JIS C 2230 に定める7種のすべての油種に対応可能、
B前処理用分画カートリッ ジ「HARF columnTM-PCB」により、精製効果を高く維持・管理できるなど大変有利な方法。

豊富な実績・徹底した精度管理・熟練した技術が島津テクノリサーチの最大の特長。

三浦工業株式会社
三浦環境科学研究所

〒799-2430 愛媛県松山市北条辻864-1
TEL : 089-960-2350     FAX : 089-960-2351
E-mail : hirata_takashi@miuraz.co.jp
URL: http://www.miuraz.co.jp/

PCB測定・分析

●可能な測定・分析方法の種類
▽簡易定量法:
 ・加熱多層シリカゲルカラム/アルミナカラム/キャピラリーガスクロマトグラフ/
  電子捕獲型検出器(GC/ECD)法
 ・加熱多層シリカゲルカラム/アルミナカラム/キャピラリーガスクロマトグラフ/
  四重極型質量分析(GC/QMS)法

●関連保有機器
 ・GC/ECD Agilent 7890A GC 3台
 ・GC/QMS Agilent 6890A GC 5973N MSD 1台

●前処理方法
 PCB分析前処理装置を使用した,迅速(2時間・6検体同時処理)で高性能(安定した
  高回収率,絶縁油の高除去率)な前処理法を採用.

●測定・分析にかかる期間
 GC/ECD法 通常5営業日(短納期分析対応可能)
 GC/QMS法 通常10営業日(短納期分析対応可能)

●サンプリング・測定・分析費用
 その都度ご相談

●測定・分析結果の報告形式
 ご希望により,分析結果にはチャート添付可能.

●セールスポイント
 絶縁油PCB分析の豊富な経験と実績があります。
 バーコードシステム導入による分析値の信頼性と品質向上。
 専用の採取容器があります.