注目の分析技術
(クリックすれば 紹介スペースへジャンプ)

食品・環境放射能測定システム/  日本環境モニタリング株式会社

ヨウ化ナトリウムNaI(Tl)シンチレーション検出器 ガンマ線測定装置

●光電子分光法の研究開発では世界最高レベルを誇るスウェーデン王国ガンマデータ社開発製品
●「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」(厚生労働省)に適合
●GDMシリーズの累積納入実績は、欧米にて500台以上、日本では40台以上
●測定データの処理、ベクレル値の自動計算は専用ソフトウェアWinDASを使用。日本語完全対応
高純度ゲルマニウム半導体(HPGe)検出器ガンマ線測定装置

●世界50カ国への納入実績(ラトビア共和国 BSI社)
●IAEA(国際原子力機関)、Euratom(欧州原子力共同体)、ESA(欧州宇宙機構)、NASA(アメリカ航空宇宙国) 等の国際的な原子力 監視機関や研究機関への納入実績


 

 

 

 

ROHSU指令や金属材料の検査などに最適
       /蛍光X線分析計 オリンパス「DELTAシリーズ」
 (2014年1月号掲載)
 
                                                           オリンパス株式会社

シンチレーション検出器を用いた食品中の放射性セシウム測定
 
           におけるラドンの影響と評価法 (2012年8月号掲載)
                                / 日本環境モニタリング株式会社

ガンマ線測定装置の種類と選び方 / 日本環境モニタリング株式会社

食品・環境放射能測定システム / 日本環境モニタリング株式会社
   ・  ヨウ化ナトリウムNaI(Tl)シンチレーション検出器 ガンマ線測定装置
   ・  高純度ゲルマニウム半導体(HPGe)検出器ガンマ線測定装置
     

X線の匠 / 株式会社エックスレイプレシジョン
   ・ 土壌汚染対策法対応と産業廃棄物の元素分析装置
   ・ 放射性物質の測定装置


放射線量モニタ−SV-1000 / SV-2000 NEW / 岩通計測株式会社
   ・ 放射線量の年間換算値がひと目でわかる
   ・ 購入したそのときから、どなたでも使いこなすことが可能



 



 
GDM-20 食品・環境ガンマ線測定システム GDM-15 食品・環境ガンマ線測定システム

GDMシリーズでは 最高峰の性能を誇る
GDM-20は、日欧の大手食品会社や大学
・研究検査機関等に導入され、 その信頼
性には国際的に高い評価が得られていま
す。検出器には3x3インチのNaI(Tl)結晶を
採用し、 バックグラウンドを極力抑えた状
態で高感度な測定を必要とする食品会社、
食品流通、 自治体や検査機関等に対応
できるモデルになります。

GDM-15は3x3インチのNaI(Tl)結晶検出器
を 採用し、GDM-20に次いで高感度な放射
能測定、核種同定・ベクレル値定量が可能
となる機種です。 日本においては、学校給
食測定等に多く採用されています。 GDM-
15及び下位モデルのGDM-12(3x3インチ)
は、ガンマデータ社が25年間にわたり欧州
で販売してきたモデルを改良し、日本向け
に新たに 開発した製品です。
 
食品・環境ガンマ線核種分析システム
 

 

バルティック・サイエンティフィック・インストゥルメンツ社(BSI)は、ガンマ線やX線の検出に使用されるHPGe、CdZnTe/CdTe、および
SiLiの半導体検出器をベースとした精密スペクトロメトリーシステムを製作し、環境モニタリング、及び原子力発電所で生成される
放射性同位核種分析とモニタリングに不可欠なソルーションを、世界各国の顧客に提供しています。

ページ先頭に戻る

                 X線の匠 / 株式会社エックスレイ プレシジョン
土壌汚染対策法対応の元素分析装置と放射性物質の測定装置を提供します。
豊富な経験で個別受注に対応します

                                          
土壌汚染対策法対応と産業廃棄物の元素分析装置
土壌粒子・異物のX線透視と元素の同時分析が可能。

X線透視像と光学像を見ながら微小部蛍光X線分析が迅速にできます

困難であった土壌、そして鉱物の光学像とX線透視像が見えます。
さらに蛍光X線測定で元素分析ができます。土壌汚染対策法への対応に最適です。
コンパクト設計!(独)産業技術総合研究所との共同研究開発の成果によるものです。
http://www.x-ray.co.jp/asset/00109/catalogue/RBOXRF50b_1.pdf

放射性物質の測定装置  
 

除染業務用放射線測定装置 SRC+20Wireless

内蔵GPSで最大線量の場所と時間と積算線量を測定可能。
(仕様についての詳細はお問い合わせください)


 
 

可搬型ベクレル計 SBC+20

山林田畑の土壌・草木や湖沼・池等の放射性セシウムと
自然放射性カリウムの線量がスペクトル分離できるので正確な測定できます。
(仕様についての詳細はお問い合わせください)
         

 
ページトップへ戻る

放射線量モニターSV-1000/SV-2000 /  岩通計測株式会社

放射線量の年間換算値が ひと目でわかります

放射線量モニターSV-1000/SV-2000は、放射 線のうち、ガンマ(γ)線の放射線量を、精度 良く簡単に測定する携帯型測定器です。
非常にわかりやすい表示で、購入したそのときから、どなたでも使いこなすことが可能です。




カタログ(PDF)ご希望の方は
岩通計測潟Eェブサイトよりログインして
入手してください (要ユーザー登録)



線量率の年間換算値をバーグラフ
表示、 グラフィカルな カラーバーと
対比させることで線量レベルがひと
目で判断できます。
※「独立行政法人日本原子力研究
   開発機構」特許発明
  (特許第4448944 号)を使用


独立行政法人日本原子力研究開発機構の特許発明並び
に技術移転 を受けて自社開発。福島県の自社工場で生産
しています。


独立行政法人日本原子力研究開発機構の放射線標準施
設を利用して開発しました。
http://rphpwww.jaea.go.jp/senryo/senryo/images/frs_pamf.pdf


シリコン半導体センサを使用した標準タイプのSV-1000 と、シンチレータを搭載した、高感度タイプのSV-2000 を同時
開発しました。
SV-1000:測定時間4 分間、99.99μSv/h までの測定が可能です。
SV-2000:測定時間1 分間、低い線量値でも安定した測定が可能です。


アルカリ単3乾電池2 本で、約300 時間の使用が可能です。
※電池が無くなった場合でも積算線量はバックアップされています。
 電池交換後も継続して積算できます。


SV シリーズは、工業製品の放射能汚染を確認する方法についての ガイドラインに適合していますので、安心してご使用いただけます。
(JEMIMA : 社団法人 日本電気計測器工業会)
http://www.jemima.or.jp/press/pdf/news110524.pdf


ページトップへ戻る